●Web電子カルテ

Web電子カルテとは
Webのブラウザにて、地域で連携する患者さんのカルテの参照/入力を行えます。
この操作は、SSLによる暗号化通信の上で行っておりますので、安全にカルテの閲覧/入力が可能です。
なお、この暗号化による認証に関して、Web電子カルテへのアクセス方法により、その方法が異なります。


●単独でのアクセス(患者さんと含む一般的なアクセスの方法)




●Dolphinのサーバのある施設からのアクセス




Web電子カルテへのアクセス方法について、
注意点を述べます。


1. 事前にはにわネットに登録が必要です。
2. その際に発行されるアクセス用の証明書をお使いのパソコンにあらかじめインストール必要があります。詳しくはこちらを御覧下さい。
3. アクセスの際に以下の画面により、インストールされている証明書を確認いたします。下記の例は、Windowsのインターネットエクスプローラーを元に説明しております。
4.アクセスのURLの始まりは、「http://」ではなく「https://」です。


・セキュリティの警告の表示



・証明書の確認



・セキュリティの証明書に関する警告




これらの警告画面の表示を経て、Web電子カルテのログイン画面(ユーザの認証:ユーザIDとパスワードの入力)が表示されます。

Web電子カルテの操作については、こちらを参照して下さい。

Web電子カルテのアクセスはここ(https://202.23.79.2/dms/